トップページ > 静岡県

    このページでは静岡県でディーラー下取りか買取で迷っているあなたにおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「車を高く売りたいんだけど、ディーラーの下取りか車買取業者だったらどっちがおすすめ?」と考えている場合はこのサイトに掲載しているおすすめの車買取店でリサーチしてみてください。

    あなたが今乗っている車を高く売るために大切なことは「静岡県にある複数の車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1つの業者だけとか近所のディーラーで下取りをお願いしようと思っているならどう考えても損をするので考え直してください。

    ディーラーのメインの仕事は新車を売って利益を出すことなので、中古車の下取りでは下取り価格を抑える傾向が強いです。
    なので、「車を高く売りたい」と思っているのならディーラー下取りではなく、車買取店に買取査定を依頼した方が査定額が高くなります。

    車買取の一括査定サービスなら入力もすぐに終わるので時間がかかりません。静岡県にある複数の車買取会社からの査定額を比較することができるので、中古車の買取値段の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、知名度抜群のリクルートが運営する中古車高額買取のための無料の一括査定サイト。中古車のことならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい有名なので安心して利用できます。
    買取業者の数も1000社超なのでダントツ№1!最大で50社に中古車の買取査定依頼をしてもらえます。

    中古車の一括査定サイトは使うと複数の買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話での連絡はありません。
    当然ですが、静岡県に対応していて無料。

    「中古車を少しでも高く売りたいならディーラー下取りよりも車買取店に査定依頼した方がいいのは分かるけど、電話対応に追われたくない…」という場合ならメールで査定額を提示してくれるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが大切に乗っている愛車の買取相場が分かる上に、個人情報が流れない為、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという業界では新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が入札金額を提示するので、5万キロ以上走った中古車でも静岡県で高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、申し込みをすると多くの業者から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話対応で忙しくなることもないですし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。
    車の実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。しかも、ディーラー下取りよりも高く売れます。

    電話も査定も1回のみで買取業者の約2000社がオークション形式で買取価格を提示してくれる今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車査定一括サービスです。たった45秒あれば入力が完了しますし、入力後すぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「数年落ちの中古車の買取相場っていくらなの?」と感じているならおすすめです。

    一括査定後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、JADRIの審査を通過した提携業者だけが登録していますので、しつこい営業を受けることはありません。
    買取業者から電話がかかってきたら1社だけで即決せずに、静岡県に対応している複数の買取業者に査定依頼をすることで長年乗った中古車でも高価買取が可能になります。(1社だけで即決だとディーラー下取りと同じで競争が起こらないので損をします。)

    最大で10社が中古車の見積もり査定をしてくれるので、最高の買取価格を出してくれた買取店にあなたの愛車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の概算価格が表示される有名な車買取一括サービス。
    提携業者は200社以上あり、複数の中古車買取業者があなたの車の査定額を提示します。

    いくつもの車買取業者に査定依頼をすることで買取金額の違いや相性を比較してみることができるので、近くのディーラーで下取り依頼をせずに、静岡県に対応している複数業者に査定のお願いをして長年大事に乗ってきた車を1円でも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので安心して利用することができます。






    外車王

     外車王は、その名前を見ればわかる通り輸入車や外車に特化した外車買取店です。
    外車・輸入車専門で17年の実績があり、1年間の取扱台数は外車・輸入車だけで約1500台。もちろん、静岡県対応で出張査定は無料なので、ディーラーでの下取りを考えていたなら利用してみてください。

    外車王は輸入車・外車専門の中古車買取店なので、輸入車の中古車を売るなら一般の買取店より高額買取が実現する可能性大です。
    ですので、輸入車の中古車であれば始めにランキング上位の中古車一括査定サービスを活用して査定相場を比べてみてください。

    いろいろな買取店に査定をしてもらった後で、最後に外車王に査定してもらうのがおすすめです。相場よりも高い買取価格を出してくれた時にはあなたが大切に乗ってきた輸入車を売りましょう。







    売却希望の車が今どれくらいで買取して貰えるかを知りたくなったら、インターネットを通して車の一括査定サイトによって確認する方法もあるのですが、メーカーのホームページ上で参考となる見積金額を知ることもできます。

    メーカーのWebサイト上で参考価格を確認するだけならば匿名でOKで売却希望の車の年式や車種などの基本情報のみで確認可能なところもあるので、一括査定サイトを活用した場合のような営業電話がしつこく何回も掛かってくる可能性は低いのです。

    自分で買い取り店に行くことなく、いっぺんに多くの業者の見積もりを比較検討出来るのが中古車一括査定サイトの良いところです。

    スピーディーに査定できるので、時間が一気に節約可能です。

    でも、見積もりの依頼を一度に多くの店舗に依頼しているので、なかなか都合良く行かない面もあって、後から後から、数多の買取業者から電話が来ることになるはずです。

    やがて着信音を聞いただけでうんざりしたり、強引に取り引きを要求する会社があるかもしれない欠点があるので注意が必要です。

    複数の査定業者から見積もりを出してもらうことを一般的に相見積もりを取るといいます。

    相見積もりをどんな時にでも可能なようにしたのが、Webで利用可能な車の一括査定サイト。

    それから、この相見積もりは、時を同じくして多くの買取業者に売買予定車を目の前で査定してもらい、総合的な見積金額を表示してもらうという意味も含まれています。

    業者の中には他の業者と同時に査定するのを毛嫌いするところもあるのですが、大方引き受けてもらえるはずです。

    車の売却査定を依頼する際は所有者側で何か書類などを整える必要はまだありません。

    ただし、価格交渉を終えて実際に売買契約するとなれば、車検証や自賠責保険証、納税証明など複数の書類を整えなければいけません。

    また、役所で発行される印鑑証明書などは代理人が行けば後日郵送になってしまいますし、苗字が結婚などの理由で変わっている時や、現住所と書類の住所が一致しない場合は必要に応じて提出書類が増えるので手間がかかります。

    中古車屋に売ると決めたらあらかじめ書類を揃えておくと、売却手続きに要する時間を減らすことができます。

    過失ゼロの状態で追突事故に遭い、その後、修理して乗るというケースは案外多いものです。

    ただ、当時は大丈夫でも下取りや中古車買取を依頼する際、事故車ですから査定額が全然違うというのは珍しいことではありません。

    原因となった事故の相手にこの損失について補償を求めるとなると、過去の判例を見ても解釈がいろいろで、可能とも不可能とも言いがたいです。

    保険だけで解決しようとする場合、当事者間で話し合っても当の保険会社としては何ら支払いをしてくれない場合が多いです。

    訴訟の可能性も視野に入れて弁護士事務所のアドバイスも仰ぎ、次のアクションを起こしましょう。

    到底直せないほどのダメージを受けた車は全損と言われますが、実際に全損には2種類の意味があります。

    ひとつめは言葉のイメージ通り大破した物理的全損で、他には修理費がかかりすぎて車両保険で賄い切れない経済的全損もあります。

    一般に自動車保険の支払金額というものは、加入時に決まるのではなく市場評価額ベースで変化していきます。

    国内の自動車保険各社のほとんどは日本自動車査定協会が出している市場データの冊子を参照して適正な金額を算定します。

    実際の価格と違うように感じたら、実際例を示して交渉してみるのもありです。

    何かしらの理由で所有する自動車を査定してもらいたい時には車検証だけあれば良いのですが、実際に売却すると決まったら必要書類をいくつか準備しなければなりません。

    一般的な普通自動車の売却に際しては車検証以外に自賠責保険証や納税証明書やリサイクル券、ほかにも印鑑証明や実印が必要になってきます。

    これらの書類中、納税証明書がなくなっていることに気が付いたら、軽自動車と普通自動車では納税証明書の再発行を依頼する場所が違うことを知っていると良いでしょう。

    一般的な普通自動車の場合は都道府県の税事務所に行けば良いですし、普通自動車以外の軽自動車は市役所などが受付窓口になるのです。

    国内での流通実績の点からすると国産車に比べて外車は数が少な過ぎますから、査定額は買取店舗によって違いが出やすいです。

    よく確かめもしないで売るとあとで後悔するはめになりかねません。

    面倒でも輸入車専門店を探して査定を依頼すると、顧客のニーズを把握している分だけ本来の価値に則した査定が可能です。

    しかし一口に輸入車と言っても、ベンツ専門店もあれば、英国車専門店もあります。

    まずはネットの一括査定サービスなどを使って、この業者ならジャンル的にぴったりだろうというところを探し出すのが先決です。

    年間走行距離数1万キロメートルというのが、自動車業界が標準的だと考えている基準値です。

    そうは言ってもこの数字は目安に過ぎず、旧型の自動車の場合には1年間の走行距離数は幾分短く考えられるものです。

    愛車を売ろうという場合にはなるべく走行距離が少ない方が査定額は高くなります。

    そうは言っても、車も機械ですから定期的に動かさないと何かしらの不具合が出てきやすいのです。

    年式に対して走行距離数が極端に少ないと、見積もり時にあまり大きく加点されないのが現実です。