トップページ

    このサイトではディーラー下取りか買取で迷っているあなたにおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「車を高く売るならディーラーの下取りか買取業者での買取かどっちがいいの?」と感じている場合はこのサイトで紹介しているおすすめの車買取店を利用してみてください。

    今あなたが乗っているを高く売るために大事なことは「複数の車買取会社で査定をしてもらう」ということ。1社の車買取店だけとか近くのディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら確実に損をするので考え直してください。

    車の下取りというのはディーラーのメインの仕事ではありません。あくまで新車を買ってもらうためのサブの仕事です。
    ですので、車を高く売りたいのであれば損をしないためにもディーラー下取りではなく、車買取店に査定を依頼しましょう。

    中古車一括査定サイトなら2分位で入力できるのでカンタンです。複数の車買取店からの査定額を比べることができるので、中古車の買取額の相場を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、知名度抜群のリクルートが運営する中古車高額買取のための無料の一括査定サービス。車を高く売るならカーセンサーと言うくらい有名なので安心感が違います。
    買取業者の数も1000社超なので圧倒的な数!最大50社へ中古車の買取査定依頼ができます。

    中古車の一括査定サイトは使うと多くの買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話がないのでおすすめです。
    しかも、全国対応で利用は無料。

    「少しでも高く売りたいならディーラー下取りじゃなくて、中古車買取店に売却した方がいいのは分かったけど、電話はちょっとなあ…」と感じているならメール連絡で概算価格を伝えてくれるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが今乗っている愛車の買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が送信されないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという安心して使える一括サービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札金額を提示するので、数年落ちの中古車でも高額買取してくれる買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話連絡は1社だけなので、電話対応に追われることもありませんし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。
    車の実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    電話も査定も1回きりで最大2000社の買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までにない画期的なサービスなので、ディーラーへの下取りを考えていたならチェックしてみてください。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車査定一括サービスです。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力完了後すぐに中古車の概算相場が分かるので、「数年落ちの中古車の買取相場ってネットで分かるの?」と思っているならおすすめします。

    申し込み後は複数の会社から電話がかかってきますが、日本自動車流通研究所の審査を通った厳選された業者だけが登録しているので、しつこい営業を受けることはありません。
    買取業者から電話連絡があった際は1社で決めてしまうことはせずに、いくつかの買取業者に査定の依頼をすることで数年落ちの中古車でも高価買取の可能性が高くなります。(1社のみだとディーラー下取りと同じで価格競争が起こりません。)

    最大10業者が中古車の見積もり査定をしてくれるため、一番高い金額を提示してくれた業者にあなたが大事に乗ってきた愛車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の買取相場がわかる数少ない車一括査定サービス。
    提携企業は約200社以上、その中から最大で10社があなたの愛車を査定してくれます。

    1社でも多くの業者に査定の見積もりを依頼することで買取業者ごとの査定額を比べることができるので、ディーラーで下取りをお願いするのではなく、複数業者に査定のお願いをして数年間愛用してきた中古車をちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計の利用者数が100万人以上!と実績も十分ですし、サポート体制も充実していますので安心して査定依頼をすることができます。






    外車王

     外車王は、その名前を見ればわかる通り外車に特化した中古車の買取業者。
    外車や輸入車に特化して15年以上の実績があり、年間の取扱台数は輸入車・外車のみで約1500台。もちろん、地方対応で出張査定費用も無料なので、ディーラー下取りよりも手間がかかりません。

    外車王は外車を専門とした中古車買取の専門店なので、外車の中古車であれば大手買取店より高額買取が実現することがあります。
    そういったこともあるので、外車の中古車であればまずはランキング上位の中古車一括査定サービスを使って概算査定額をリサーチしてみてください。

    いろいろな買取業者に査定依頼をした後で、最終的に外車王に査定してもらうのがおすすめです。相場よりも高額な金額を出してくれた時にはあなたが大切に乗ってきた車を売りましょう。







    中古車の査定は少しでもアップさせたいものです。

    それならば、いざ見積もりに出そうと言うときには思いっきりクリーニングしておくと良いでしょう。

    事故歴や過去に修理してもらった場所は消去不可能ですし、隠し通すことはできません。

    しかし、車についた汚れや臭いなどに関しては幾らかは個人個人で対処することによりキレイにすることができますよね。

    それから、車中は禁煙にすることがもはや常識のようなところがあるので、臭いが残留していると低く査定されることが多いことを覚えておきましょう。

    もちろん程度問題ですが、煙草臭が売却予定の車の中に漂っている場合にはマイナス査定になります。

    タバコを吸っていたことが明らかに分かってしまう車は、禁煙車を希望している人には確実に売れないからです。

    この煙草の臭いの元は、ヤニ汚れで、その車のどこかに付着しています。

    売却する前にその車を一生懸命に掃除してあげれば、かなりの部分でタバコ臭を軽減できるはずです。

    ちょっとでも自分の車の査定額をアップさせようと思うならば、今すぐにでも売却したいという思いを全面的にアピールすることです。

    取り敢えずの査定なんだけどという売るのはもっと先になるだろうという人よりも、提示した金額に納得すれば直ぐに売却可能ですという相手の方がスタッフにとって心強いものです。

    即決の意志があると知ったならば、是非うちの店で取り引きしてくれるように高めの査定額を提示してくる可能性があるのです。

    中古車の買取には実物の査定が不可欠ですが、業者は見積もりを出し、その場での契約を迫ります。

    いま決めてもらえたら金額を上乗せするといった営業アピールがあるのが一般的で、熱心さに負ける人もいますが、うまくはめられて即決することがないよう注意してください。

    中古車売却時には複数の会社から見積もりをとって競合させるのが一番の高値を引き出すためのお約束です。

    まずはなるべく多くの業者に査定額を出してもらうことが肝心で、金額の比較ができるようになってから話し合いに持ち込む方が絶対にトクです。

    車を売却して業者から代金が支払われるのは、契約書に署名捺印してからだいたい一週間後となります。

    訪問査定当日に契約を約束したところで、所有者側で用意する書類が足りなかったり、実印が見当たらないなんてことになれば、その場では契約は成立しません。

    出来る限り最短で売却代金を手にしたいのであれば、売却(査定)業者を決める前に、書類を整えておく必要があります。

    それと、普通乗用車は軽自動車とは必要書類が違い、実印も必要ですから事前にネットなどで調べておきましょう。

    使い込んでスリップサインが出ているような状態であろうと、買取業者に見せる前に新しいタイヤに履き替える必要はないでしょう。

    どんな高級車であろうとタイヤ部分は消耗品です。

    それに、買取業者側が別のタイヤに交換してから売るのが極めて普通に行われているからです。

    ですから、見積額への減点査定はたいしたものではありません。

    タイヤを交換するなと言うわけではありませんが、もし交換しても査定でトクをすることは、まずないと覚えておいてください。

    たとえ自動車ローンが残っていようと全く車の売却ができないということはありません。

    要するに、ローン会社でなく自分の名前が車検証の所有者欄に記載されているときだけですから、実際には難しいかもしれません。

    そこにまだローン会社の名前が記載されている状態では、完全にローンを返し切るまでは車の所有権は本人にはありません。

    ですから、完済して自分名義にしてからでないと売却はできません。

    但し、ローン会社から承認を取り付ければ、査定額(売却額)でローンを返済するという形であれば売れないことはありません。

    一般的に決算時期やボーナス時期には業者も買取に力を入れてくるので、不要な車を売るのに適したタイミングはあるのです。

    中古車市場で車を買いたい人が多くなる時期には需要と同時に買取の相場も上がるのです。

    そうは言っても、愛車を手放そうと考えたときが高値で買取りしてもらえそうな時期と大きく離れていたときに、それらのタイミングまで待つ方が良いというわけでもないのです。

    じっさいの売却時期が遅くなれば車の全式も当然ながら進んでいきます。

    相場上昇によって恩恵を被るよりも、その車の価値が下がってしまう方が大きくなる場合も充分考えられるのですね。

    残っている期間によっても異なりますが、「車検」は査定金額に影響します。

    当たり前かも知れませんが、車検が切れてしまっている自動車よりも車検が長く残っている自動車の方が良いに決まっています。

    有利とは言っても、車検の残り期間が1年以上なければそれほど見積金額に上乗せされることはないでしょう。

    車検切れが間近だと見積もりが下がるからと言って、車検を通してから車の売却を考えるのはあまり適切ではありません。

    車検にかかる費用と査定価格に上乗せされる価格とでは、前者の方が高く付くケースが多いため結果的に損をしてしまう可能性が高いのです。