トップページ

    このサイトではディーラー下取りか買取で迷っているあなたにおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「車を高く売るならディーラーの下取りか買取業者での買取かどっちがいいの?」と感じている場合はこのサイトで紹介しているおすすめの車買取店を利用してみてください。

    今あなたが乗っているを高く売るために大事なことは「複数の車買取会社で査定をしてもらう」ということ。1社の車買取店だけとか近くのディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら確実に損をするので考え直してください。

    車の下取りというのはディーラーのメインの仕事ではありません。あくまで新車を買ってもらうためのサブの仕事です。
    ですので、車を高く売りたいのであれば損をしないためにもディーラー下取りではなく、車買取店に査定を依頼しましょう。

    中古車一括査定サイトなら2分位で入力できるのでカンタンです。複数の車買取店からの査定額を比べることができるので、中古車の買取額の相場を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、知名度抜群のリクルートが運営する中古車高額買取のための無料の一括査定サービス。車を高く売るならカーセンサーと言うくらい有名なので安心感が違います。
    買取業者の数も1000社超なので圧倒的な数!最大50社へ中古車の買取査定依頼ができます。

    中古車の一括査定サイトは使うと多くの買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話がないのでおすすめです。
    しかも、全国対応で利用は無料。

    「少しでも高く売りたいならディーラー下取りじゃなくて、中古車買取店に売却した方がいいのは分かったけど、電話はちょっとなあ…」と感じているならメール連絡で概算価格を伝えてくれるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが今乗っている愛車の買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が送信されないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという安心して使える一括サービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札金額を提示するので、数年落ちの中古車でも高額買取してくれる買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話連絡は1社だけなので、電話対応に追われることもありませんし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。
    車の実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    電話も査定も1回きりで最大2000社の買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までにない画期的なサービスなので、ディーラーへの下取りを考えていたならチェックしてみてください。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車査定一括サービスです。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力完了後すぐに中古車の概算相場が分かるので、「数年落ちの中古車の買取相場ってネットで分かるの?」と思っているならおすすめします。

    申し込み後は複数の会社から電話がかかってきますが、日本自動車流通研究所の審査を通った厳選された業者だけが登録しているので、しつこい営業を受けることはありません。
    買取業者から電話連絡があった際は1社で決めてしまうことはせずに、いくつかの買取業者に査定の依頼をすることで数年落ちの中古車でも高価買取の可能性が高くなります。(1社のみだとディーラー下取りと同じで価格競争が起こりません。)

    最大10業者が中古車の見積もり査定をしてくれるため、一番高い金額を提示してくれた業者にあなたが大事に乗ってきた愛車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の買取相場がわかる数少ない車一括査定サービス。
    提携企業は約200社以上、その中から最大で10社があなたの愛車を査定してくれます。

    1社でも多くの業者に査定の見積もりを依頼することで買取業者ごとの査定額を比べることができるので、ディーラーで下取りをお願いするのではなく、複数業者に査定のお願いをして数年間愛用してきた中古車をちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計の利用者数が100万人以上!と実績も十分ですし、サポート体制も充実していますので安心して査定依頼をすることができます。






    外車王

     外車王は、その名前を見ればわかる通り外車に特化した中古車の買取業者。
    外車や輸入車に特化して15年以上の実績があり、年間の取扱台数は輸入車・外車のみで約1500台。もちろん、地方対応で出張査定費用も無料なので、ディーラー下取りよりも手間がかかりません。

    外車王は外車を専門とした中古車買取の専門店なので、外車の中古車であれば大手買取店より高額買取が実現することがあります。
    そういったこともあるので、外車の中古車であればまずはランキング上位の中古車一括査定サービスを使って概算査定額をリサーチしてみてください。

    いろいろな買取業者に査定依頼をした後で、最終的に外車王に査定してもらうのがおすすめです。相場よりも高額な金額を出してくれた時にはあなたが大切に乗ってきた車を売りましょう。







    車の査定は夜や雨の日に申し込んだ方が得策といわれることがあって、少々査定額が高く出るという噂があります。

    当然ですが夜間は暗くて、雨降りだと水滴が邪魔をして車のボディーの傷や汚れなどが見にくくなるから有利であるということから夜などに査定を依頼した方が良いと言われているようです。

    そうは言っても、視界が良くない云々で査定額がアップするほど担当者も甘くはないのです。

    却って、もし見落としがあっても後で差し引き可能なように、一般の査定よりも査定額がちょっとダウンするかもしれないことを覚えておきましょう。

    スマホ全盛の時代を反映して、大手の中古車販売店では通常のユーザー向けの中古車査定アプリを売りに出していますが、プロ仕様の中古車査定支援アプリも存在します。

    これは、実際の査定業務経験があまりなくてもこれを使うことによって中古車査定がたやすく出来るようになります。

    この業務用に開発されたアプリと専用の機械を同時使用する事によって、査定対象車の過去において修理したことがあったかどうかが確認できる仕様になっている場合がほとんどでしょう。

    車の査定の仕事をする場合に必ずしも必要な国家資格などは存在しないのですが、中古自動車査定士という国が後押ししている民間資格が存在します。

    この資格は日本自動車査定協会(JAAI)によって認定される資格であり、小型と大型車に分別されています。

    学科試験や技能試験に受かることが必要で、半年以上の実務経験がないと授与されないので、中古自動車査定士の資格がある人は、定められたレベル以上の査定が出来ることがお分かりになるでしょう。

    正式な価格を出すために訪問査定を依頼すると、どの業者も「今、契約を」と言うものです。

    売主が魅力を感じる条件、つまり金額アップをちらつかせて即時契約を求める熱いトークが始まるのですが、即断するのは間違いです。

    中古車売却時には複数の会社から見積もりをとって競合させるのが一番の高値を引き出すためのお約束です。

    心が動くかもしれませんが、まずは多くの見積額を手にすることを優先的に考え、各社の金額を見比べた上で交渉しても遅くはありません。

    年度末で商戦華やかな3月と、賞与支給から2ヶ月たった9月は懐も余裕があるため、比較的高額商品の売れ行きが良く、自動車もよく売れます。

    業者の意図としてはできるだけこの時期に商品を仕入れて捌きたいです。

    したがって中古車の買取額も高値基調となるのが普通です。

    今すぐ車を売却しなければいけないというのでなければ、価格上昇のタイミングを見計らうことで、高額査定も期待できます。

    それと、4月は決算の翌月で販売も一山超えたところで、査定価格も最も低くなる頃なので売却はお薦めできません。

    車を買ったディーラーで下取りをしてもらうのであれば、古い車と新しい車の乗り換えはタイミングを計って行われます。

    ただ、古いほうの車を買取業者に買い取ってもらう場合は、日数があくこともあるわけです。

    日常的に車を使う人は、訪問査定等を申し込む際に代車を利用する可能性があることを伝えておく必要があります。

    代車ありを謳っている業者でも店によってはそういった手配はしていないところもあるので早いうちから確認しておくことが大事です。

    車売却の方法には、先ずは街中で良く見かける買取専門店に出すこと、自動車ディーラーに下取ってもらう場合、ちょっと珍しいケースでは個人でオークションに出品して車を売却する方法が存在します。

    自動車オークションに自分で出す場合には、売ろうとする車の画像や説明文を他の人が読んだときになるべく理解しやすく記載することがやっかいなトラブルを避ける上で非常に有効なことです。

    できれば、売却成立前に画像だけでなく実物をじっくり見てもらってから契約をするようにしましょう。

    これら以外で自分が重要だと感じたことは、双方で念書などを作成して、これに署名捺印してもらえば安心して取り引きができるというものです。

    近頃市場に出回っている自動車は標準装備でのカーナビゲーションシステムが大部分です。

    そういうわけで、カーナビゲーションシステムが搭載されていてもあまり査定額が高くなることはなくなりました。

    例外的に、後付けで高価なカーナビゲーションシステムを導入しているときには査定額アップが期待できる可能性が高くなるでしょう。

    簡単に取り外しが可能なカーナビゲーションシステムであったならば、査定や下取りに出す前に取り外しておいて別にカーナビだけオークションで売るという選択肢もありますね。

    車の売却を済ませた後から、瑕疵担保責任を理由として買取店舗側が契約を解除してきたり買取金の減額を通達されることがたまにあります。

    もし自分が事故歴などを隠蔽して売ったとしたら売却側が責任を取る必要がありますが、査定時に何か見落としがあったというならば自分は何も責任を取る必要はないのです。

    納得できない理由で買取額の減額や契約解除を迫ってくるときには、国民生活センターへ赴いて、車の売却でトラブルになっているとと話してみると個人で悩むより数倍早く解決できるはずです。