トップページ

    このサイトではディーラー下取りか買取で迷っているあなたにおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「車を高く売るならディーラーの下取りか買取業者での買取かどっちがいいの?」と感じている場合はこのサイトで紹介しているおすすめの車買取店を利用してみてください。

    今あなたが乗っているを高く売るために大事なことは「複数の車買取会社で査定をしてもらう」ということ。1社の車買取店だけとか近くのディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら確実に損をするので考え直してください。

    車の下取りというのはディーラーのメインの仕事ではありません。あくまで新車を買ってもらうためのサブの仕事です。
    ですので、車を高く売りたいのであれば損をしないためにもディーラー下取りではなく、車買取店に査定を依頼しましょう。

    中古車一括査定サイトなら2分位で入力できるのでカンタンです。複数の車買取店からの査定額を比べることができるので、中古車の買取額の相場を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、知名度抜群のリクルートが運営する中古車高額買取のための無料の一括査定サービス。車を高く売るならカーセンサーと言うくらい有名なので安心感が違います。
    買取業者の数も1000社超なので圧倒的な数!最大50社へ中古車の買取査定依頼ができます。

    中古車の一括査定サイトは使うと多くの買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話がないのでおすすめです。
    しかも、全国対応で利用は無料。

    「少しでも高く売りたいならディーラー下取りじゃなくて、中古車買取店に売却した方がいいのは分かったけど、電話はちょっとなあ…」と感じているならメール連絡で概算価格を伝えてくれるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが今乗っている愛車の買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が送信されないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという安心して使える一括サービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札金額を提示するので、数年落ちの中古車でも高額買取してくれる買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話連絡は1社だけなので、電話対応に追われることもありませんし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。
    車の実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    電話も査定も1回きりで最大2000社の買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までにない画期的なサービスなので、ディーラーへの下取りを考えていたならチェックしてみてください。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車査定一括サービスです。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力完了後すぐに中古車の概算相場が分かるので、「数年落ちの中古車の買取相場ってネットで分かるの?」と思っているならおすすめします。

    申し込み後は複数の会社から電話がかかってきますが、日本自動車流通研究所の審査を通った厳選された業者だけが登録しているので、しつこい営業を受けることはありません。
    買取業者から電話連絡があった際は1社で決めてしまうことはせずに、いくつかの買取業者に査定の依頼をすることで数年落ちの中古車でも高価買取の可能性が高くなります。(1社のみだとディーラー下取りと同じで価格競争が起こりません。)

    最大10業者が中古車の見積もり査定をしてくれるため、一番高い金額を提示してくれた業者にあなたが大事に乗ってきた愛車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の買取相場がわかる数少ない車一括査定サービス。
    提携企業は約200社以上、その中から最大で10社があなたの愛車を査定してくれます。

    1社でも多くの業者に査定の見積もりを依頼することで買取業者ごとの査定額を比べることができるので、ディーラーで下取りをお願いするのではなく、複数業者に査定のお願いをして数年間愛用してきた中古車をちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計の利用者数が100万人以上!と実績も十分ですし、サポート体制も充実していますので安心して査定依頼をすることができます。






    外車王

     外車王は、その名前を見ればわかる通り外車に特化した中古車の買取業者。
    外車や輸入車に特化して15年以上の実績があり、年間の取扱台数は輸入車・外車のみで約1500台。もちろん、地方対応で出張査定費用も無料なので、ディーラー下取りよりも手間がかかりません。

    外車王は外車を専門とした中古車買取の専門店なので、外車の中古車であれば大手買取店より高額買取が実現することがあります。
    そういったこともあるので、外車の中古車であればまずはランキング上位の中古車一括査定サービスを使って概算査定額をリサーチしてみてください。

    いろいろな買取業者に査定依頼をした後で、最終的に外車王に査定してもらうのがおすすめです。相場よりも高額な金額を出してくれた時にはあなたが大切に乗ってきた車を売りましょう。







    できれば車の査定を申し込むなら夜間や雨が降っている日の方が良いという人もおり、少々査定額が高く出るという噂が巷には存在するようですね。

    当たり前かもしれませんが夜は暗いですし、雨だと水滴のせいで車体の傷などが見えにくくなると言うのが理由となっているようです。

    でも実際は、見えにくいからという理由で査定をアップさせるほど業者はスキルが不足しているわけではありません。

    却って、もし見落としがあっても後で差し引き可能なように、少々低めの査定額で抑えられてしまうことも充分予想できるのです。

    車買取の査定をするときに、例えば、カーナビなどの付属品があると査定額が高くなる傾向にあります。

    しかし、最新モデルの車にはカーナビが付いていない方が珍しいので、新しい型のカーナビシステムが付いていないと査定額がグンとアップするとは考えにくいのです。

    それから、カーナビ標準装備が当たり前の現代、カーナビシステム非搭載の時には査定額をダウンさせられてしまう可能性もあるでしょう。

    これから売ろうとしている中古車の見積額を下げてしまう主要な原因は幾つか存在しますが、大きく見積もり金額を下げる要因の一番大きなものは、売却予定の車が事故車や故障車で修理したことがあるケースです。

    場合により見積金額が0にまで下がることもあることを知っておいてください。

    でも、故障および事故で修理したことがあると必ずしも修理歴車と呼ばれるわけではなくて、売却予定の車の骨格に相当する部分にまで損傷が及んでいて、大きな損傷を修理した場合に修理歴車と呼称するのです。

    売却予定の車を査定してもらう場合、たとえ掃除済みだったとしても車内がタバコ臭かったり、ペットの臭いなどがあれば減点は免れません。

    さほど臭わないと思っていても運転者はその臭気自体に慣れっこになっていて言われてから「そういえば」と思う人も多いようです。

    業者に査定を依頼する前に、第三者に車内のにおいをチェックしてもらうと万全です。

    芳香剤や消臭剤、消臭スプレーといった「隠す系」のものでは消し切れるものではありませんから、マットや灰皿など洗えるものは洗い、車内はとことん拭き掃除をすることです。

    どこに査定を頼んでも値段がつかないと言われてしまった時は、次の選択肢は2つしかありません。

    そのまま廃車にするか、事故車、過走行車などを専門に扱う業者に買い取ってもらうかです。

    ワケありの車を扱う業者は買取後、その車を中古車として流通させることは少なく、利用できるパーツごとに販売するなどして収益金を得ている点が一般の中古車屋とは違います。

    手間はかかりますが独自の販路を持っているがために、他社が断ったような車も買取が可能なのです。

    そのまま廃車に直行するより、こちらの方がオトクです。

    また、廃車手続きの代行も行なっています。

    古い車を売却してからこれから乗る予定の車が納車される日までの期間、車がないという状態になります。

    家族の車や公共交通機関などで対応できればよいのですが、仕事や通勤などで車が必須であれば代車の手配をしないことには車を売ることができません。

    けれどもすべての中古車取扱業者が代車手配を受けてくれるというものではありません。

    もし必要だと思ったら、査定を依頼する際に代車の件は担当者に聞いておくと安心です。

    どのくらい残っているかにもよるのですが、自動車車検によって査定額が変わることがあるのです。

    当たり前かも知れませんが、車検が切れてしまっている自動車よりも残りがある方が高く評価して貰えます。

    ただ、残りの期間が一年もないくらいでは査定金額にはほとんど影響しないと言えます。

    そうはいっても、売る前に車検をしようとは考えない方が良いでしょう。

    車検の為に支払う費用と査定時に車検を通したことによってアップされる金額とでは、車検費用の方が高く付くことがほとんどだからです。

    自動車に掛かる税金の話をすると、毎年4月1日の時点でその車を所有している人に1年分が請求されます。

    そうは言っても、車を売ろうとする場合には、税金の残っている月数分に相当する金額が見積もりに上乗せされるようになっているので、勿体ないと感じることはありません。

    但し、自動車税ではなく自動車重量税については、廃車にする場合を除くと還付されるようなことはありません。

    還付制度がないと言っても、税金支払いの期間が残っている場合、その金額を見積額にプラスしてくれるときもあります。

    この点に関しては自動車買取会社と交渉することでプラス査定に持っていける可能性があります。

    自家用車を手放そうと決めたら、出来るだけ綺麗に清掃してから車を売りに出すことです。

    この訳は2つです。

    先ず1つめは、愛車を雑に扱わない人だという印象付けができることです。

    2つめは、車内にこびりついた汚れを落とすことでいやな臭いも少なくなるからです。

    タバコの臭いやペット臭が残っていると、その程度にもよりますが査定額に大きく影響すると考えて良いでしょう。

    臭いの元は車内に残っている汚れですから、車内の細かな箇所まで丁寧に掃除してあげることで臭いを軽減することが可能です。