トップページ

    このサイトではディーラー下取りか買取で迷っているあなたにおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「車を高く売るならディーラーの下取りか買取業者での買取かどっちがいいの?」と感じている場合はこのサイトで紹介しているおすすめの車買取店を利用してみてください。

    今あなたが乗っているを高く売るために大事なことは「複数の車買取会社で査定をしてもらう」ということ。1社の車買取店だけとか近くのディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら確実に損をするので考え直してください。

    車の下取りというのはディーラーのメインの仕事ではありません。あくまで新車を買ってもらうためのサブの仕事です。
    ですので、車を高く売りたいのであれば損をしないためにもディーラー下取りではなく、車買取店に査定を依頼しましょう。

    中古車一括査定サイトなら2分位で入力できるのでカンタンです。複数の車買取店からの査定額を比べることができるので、中古車の買取額の相場を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、知名度抜群のリクルートが運営する中古車高額買取のための無料の一括査定サービス。車を高く売るならカーセンサーと言うくらい有名なので安心感が違います。
    買取業者の数も1000社超なので圧倒的な数!最大50社へ中古車の買取査定依頼ができます。

    中古車の一括査定サイトは使うと多くの買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話がないのでおすすめです。
    しかも、全国対応で利用は無料。

    「少しでも高く売りたいならディーラー下取りじゃなくて、中古車買取店に売却した方がいいのは分かったけど、電話はちょっとなあ…」と感じているならメール連絡で概算価格を伝えてくれるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが今乗っている愛車の買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が送信されないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという安心して使える一括サービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札金額を提示するので、数年落ちの中古車でも高額買取してくれる買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話連絡は1社だけなので、電話対応に追われることもありませんし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。
    車の実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    電話も査定も1回きりで最大2000社の買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までにない画期的なサービスなので、ディーラーへの下取りを考えていたならチェックしてみてください。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車査定一括サービスです。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力完了後すぐに中古車の概算相場が分かるので、「数年落ちの中古車の買取相場ってネットで分かるの?」と思っているならおすすめします。

    申し込み後は複数の会社から電話がかかってきますが、日本自動車流通研究所の審査を通った厳選された業者だけが登録しているので、しつこい営業を受けることはありません。
    買取業者から電話連絡があった際は1社で決めてしまうことはせずに、いくつかの買取業者に査定の依頼をすることで数年落ちの中古車でも高価買取の可能性が高くなります。(1社のみだとディーラー下取りと同じで価格競争が起こりません。)

    最大10業者が中古車の見積もり査定をしてくれるため、一番高い金額を提示してくれた業者にあなたが大事に乗ってきた愛車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の買取相場がわかる数少ない車一括査定サービス。
    提携企業は約200社以上、その中から最大で10社があなたの愛車を査定してくれます。

    1社でも多くの業者に査定の見積もりを依頼することで買取業者ごとの査定額を比べることができるので、ディーラーで下取りをお願いするのではなく、複数業者に査定のお願いをして数年間愛用してきた中古車をちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計の利用者数が100万人以上!と実績も十分ですし、サポート体制も充実していますので安心して査定依頼をすることができます。






    外車王

     外車王は、その名前を見ればわかる通り外車に特化した中古車の買取業者。
    外車や輸入車に特化して15年以上の実績があり、年間の取扱台数は輸入車・外車のみで約1500台。もちろん、地方対応で出張査定費用も無料なので、ディーラー下取りよりも手間がかかりません。

    外車王は外車を専門とした中古車買取の専門店なので、外車の中古車であれば大手買取店より高額買取が実現することがあります。
    そういったこともあるので、外車の中古車であればまずはランキング上位の中古車一括査定サービスを使って概算査定額をリサーチしてみてください。

    いろいろな買取業者に査定依頼をした後で、最終的に外車王に査定してもらうのがおすすめです。相場よりも高額な金額を出してくれた時にはあなたが大切に乗ってきた車を売りましょう。







    専門家の査定士にはいい加減な嘘をついても瞬時に分かるので止めた方が良いでしょう。

    じつは事故ってしまったことがあったり、修理を依頼したことがあったのに、これらが理由で低い見積もりを出されたくなくてそんなことはないと言ったとしても嘘は調べれば分かるものです。

    それに、嘘をついたことが原因でお店側の人間に信頼されなくなっても当然なのです。

    最終的に、嘘が原因で厳しめの査定をされることが考慮されますから、査定する車の状態については隠し立てしないようにした方が良いですね。

    個人でインターネット上の中古車一括査定サイトを利用する場合に短所になることと言ったら、依頼した中古車買取会社からすぐさま一度に電話攻撃されることが挙げられるでしょう。

    最初のステップとして自分でサイトを活用しているので、ある程度の電話攻勢は致し方ないのですが、ストレスをためてしまうよりは、売却先が決定していなくてもとっくに車を売ってしまって手元にないと出任せを言うのが上手に断る手段だと言えます。

    少数の例外はあるかもしれませんが、車を売ったときに買取会社などから査定書が発行されることは珍しく、「発行してください」と言ってももらえないことがほとんどです。

    残された遺族で相続の手続きをするときや、自己破産の申告を行うときの資産証明を必要とする場面で車の査定金額が明記された証明書が入り用になったときには、日本自動車査定協会、通称JAAIに中古車の査定を申し込まなければなりません。

    日本自動車査定協会の事業所は国内に50ヶ所以上あって、車の査定には幾らかの料金が発生します。

    また注意したいのが、あらかじめ予約制となっていることです。

    ネットの車売却一括見積りサイトを利用して車を売ろうとすると、登録後にさまざまな業者から電話がかかってきます。

    見積り金額には幅があるから、現状確認をするために車を見に行きたい(家に来たい)というのが主旨です。

    何度もしつこく電話を入れてくる営業マンもいないわけではないので、断るのが大変なら既によそで売却済みと言ってしまうのが得策で、こう返答するとまずかかってきません。

    でなければ、メール連絡のみで電話連絡が来ないサイトに絞って依頼するのも手です。

    正式な価格を出すために訪問査定を依頼すると、来る業者は皆一様に契約を急ぐはずです。

    すぐに決めてくれれば査定額に上乗せしますという形の営業アピールがあるのが一般的で、熱心さに負ける人もいますが、それが普通なので即決はしないほうがいいです。

    多くの業者に見積額を競ってもらうことが好条件で買い取ってもらうための基本です。

    心が動くかもしれませんが、まずは多くの見積額を手にすることを優先的に考え、検討材料が揃って納得がいってから最良だと思う業者に連絡すれば良いだけです。

    延べ走行距離が10万キロ近いかそれ以上の車は、俗に「過走行車」と言われます。

    査定サイトなどを使って売ろうとしても値がつかないで、実質引取りのみなんてことも珍しくありません。

    見えない故障などのリスクを懸念して値付けができないのは、事故車も過走行車も共通しています。

    このような場合にも、売却する方法がないわけではありません。

    専業で事故車や過走行車などの買取売却を手がけている中古車屋に打診するというのもありです。

    もしくは買取りはあきらめて、ディーラーでの買い替え時に下取りに出せば、先々のことを考えて相応の下取り価格を出してくる可能性が高いです。

    買取店に車を売却する前にしておくべきことは、最低限このふたつに尽きます。

    ひとつは査定サイトなどを活用して市場動向を把握することが大事です。

    市場価値を知らないと、実勢価格より安い値段で売却してしまうことだってありますから、事前調査は欠かせません。

    あと一つしておくべきことは、車磨きです。

    といってもボディはそこそこで構いません。

    重点ポイントは車内です。

    家や車には独特のニオイがありますが、これが残っていると第三者にはすぐ分かりますし、当然ながら減点査定の対象となります。

    完全に動かない車である「不動車」ですら、売却不可能だと考えてしまうことはないでしょう。

    不動車でも価格をつけてくれる業者がいる可能性があるのです。

    自動車の各部分ごとで見れば故障してないものもあるでしょうし、まだ動くパーツに価値を見いだしてくれて見積もりをして不動車を買い取ってくれる店舗はちゃんとあるのです。

    ただし、一般的な中古車買取店では実施していない場合も多いので、はじめに調査して不動車取り扱いの会社に実際に査定してもらって引き取ってもらうとスムーズに行くでしょう。

    自動車購入を考えている人が多い時期が、売る方からみても自動車を高く売るチャンスですね。

    需要の高まりと同時に供給も多くなければいけませんから、同時に買取価格も連動して上がるのです。

    9月と3月は会社の決算月なので中古車販売店は通常の月よりも売ることに注力していますから、自動車売却時の価格交渉も自分に有利になるように行える場合が多いと言えます。

    決算月であることに加えて、9月は夏のボーナスが出ている状況で車を購入する人が多くなりますから売却にも有利な時期です。