トップページ

    このサイトではディーラー下取りか買取で迷っているあなたにおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「車を高く売るならディーラーの下取りか買取業者での買取かどっちがいいの?」と感じている場合はこのサイトで紹介しているおすすめの車買取店を利用してみてください。

    今あなたが乗っているを高く売るために大事なことは「複数の車買取会社で査定をしてもらう」ということ。1社の車買取店だけとか近くのディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら確実に損をするので考え直してください。

    車の下取りというのはディーラーのメインの仕事ではありません。あくまで新車を買ってもらうためのサブの仕事です。
    ですので、車を高く売りたいのであれば損をしないためにもディーラー下取りではなく、車買取店に査定を依頼しましょう。

    中古車一括査定サイトなら2分位で入力できるのでカンタンです。複数の車買取店からの査定額を比べることができるので、中古車の買取額の相場を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、知名度抜群のリクルートが運営する中古車高額買取のための無料の一括査定サービス。車を高く売るならカーセンサーと言うくらい有名なので安心感が違います。
    買取業者の数も1000社超なので圧倒的な数!最大50社へ中古車の買取査定依頼ができます。

    中古車の一括査定サイトは使うと多くの買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話がないのでおすすめです。
    しかも、全国対応で利用は無料。

    「少しでも高く売りたいならディーラー下取りじゃなくて、中古車買取店に売却した方がいいのは分かったけど、電話はちょっとなあ…」と感じているならメール連絡で概算価格を伝えてくれるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが今乗っている愛車の買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が送信されないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという安心して使える一括サービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札金額を提示するので、数年落ちの中古車でも高額買取してくれる買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話連絡は1社だけなので、電話対応に追われることもありませんし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。
    車の実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    電話も査定も1回きりで最大2000社の買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までにない画期的なサービスなので、ディーラーへの下取りを考えていたならチェックしてみてください。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車査定一括サービスです。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力完了後すぐに中古車の概算相場が分かるので、「数年落ちの中古車の買取相場ってネットで分かるの?」と思っているならおすすめします。

    申し込み後は複数の会社から電話がかかってきますが、日本自動車流通研究所の審査を通った厳選された業者だけが登録しているので、しつこい営業を受けることはありません。
    買取業者から電話連絡があった際は1社で決めてしまうことはせずに、いくつかの買取業者に査定の依頼をすることで数年落ちの中古車でも高価買取の可能性が高くなります。(1社のみだとディーラー下取りと同じで価格競争が起こりません。)

    最大10業者が中古車の見積もり査定をしてくれるため、一番高い金額を提示してくれた業者にあなたが大事に乗ってきた愛車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の買取相場がわかる数少ない車一括査定サービス。
    提携企業は約200社以上、その中から最大で10社があなたの愛車を査定してくれます。

    1社でも多くの業者に査定の見積もりを依頼することで買取業者ごとの査定額を比べることができるので、ディーラーで下取りをお願いするのではなく、複数業者に査定のお願いをして数年間愛用してきた中古車をちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計の利用者数が100万人以上!と実績も十分ですし、サポート体制も充実していますので安心して査定依頼をすることができます。






    外車王

     外車王は、その名前を見ればわかる通り外車に特化した中古車の買取業者。
    外車や輸入車に特化して15年以上の実績があり、年間の取扱台数は輸入車・外車のみで約1500台。もちろん、地方対応で出張査定費用も無料なので、ディーラー下取りよりも手間がかかりません。

    外車王は外車を専門とした中古車買取の専門店なので、外車の中古車であれば大手買取店より高額買取が実現することがあります。
    そういったこともあるので、外車の中古車であればまずはランキング上位の中古車一括査定サービスを使って概算査定額をリサーチしてみてください。

    いろいろな買取業者に査定依頼をした後で、最終的に外車王に査定してもらうのがおすすめです。相場よりも高額な金額を出してくれた時にはあなたが大切に乗ってきた車を売りましょう。







    たいていの場合、買取業者から中古車売買に関する査定書を出してもらうことは難しく、査定書が欲しいと言っても出してくれないことが多いです。

    例えば遺産相続に関してや、自己破産の際に必要になる資産証明などで詳細な査定金額が明記された証明書が欲しくなったら、JAAI(日本自動車査定協会)へ車の査定をお願いしなければいけません。

    JAAIは国内で50ヶ所以上の事業所を持っていて、査定には指定の料金がかかります。

    それと、査定してもらうためには前もって予約しなければなりません。

    中古車の買取査定のために業者まで出向く時間がないときなどには、ほとんどの会社では、自宅等に出向いて行う出張査定を受け付けているのです。

    査定士が自宅などに来て実際の車を目で見て確認して、査定額を算出してくれる方法です。

    このような査定の方法は、同じ時刻に何社かの査定スタッフに出向いてもらうのも自由です。

    このように複数の会社に同時に依頼することで時間も節約可能ですし、同じ時に査定した査定スタッフ同士で価格競争が行われますから最終的にその車の査定金額が高く提示される可能性が出てくるのです。

    買取のお店に行く暇がなかったとしても、インターネットサイトで車を査定できるものはあっちにもこっちにも出来ています。

    もちろん、大まかな金額でなくて、詳細な査定金額は本当に売却する車を査定してみないことには一概には金額を言えない状況もありますが、一気に山のような業者の見積もりをとってくることが可能なので、自分の車が現時点でどの程度の資産価値があるのかが分かって大変参考になります。

    それにもまして、相場とあまりにもかけ離れた値段を付けた買取業者を現実的な売却店の候補から外すことができるので便利ですね。

    なるべく高く売りたいなら複数の業者に競合見積もりさせるべきですが、そのためにはインターネット上の中古車買取一括査定サイトを有効利用すべきです。

    スマホ対応サイトも増えているので、外出先で友達と相談しながら、あるいは自宅でのんびりしながらマイペースで査定依頼できます。

    簡易査定の数字が出たら、査定額の高いところから順に今後の話をすることにして、あとは断りましょう。

    ただ、強引さが目に余る業者は対象から外しておいたほうが無難です。

    自動車は国の検査と登録を経て初めて車検証が交付されます。

    そしてそれを基準に古さを表す意味で、何年落ちといった言い方をします。

    勘違いされている方も多いのですが、製造年は関係なくあくまでも初度登録年から数えますから、うっかり間違えないように気をつけましょう。

    価格は年数が進むほど安くなり、10年落ちともなれば減額査定も著しく、非常な安値で取り引きされます。

    売る方にすれば気の毒な話ですが、買う側から見れば状態次第ではそうした車は宝の山とも言えます。

    車の買取業者から代金が振り込まれるのは、契約書に署名捺印してからだいたい一週間後となります。

    担当者が査定に来て、その日のうちに契約を決めても、用意すべき書類が足りないと契約は不可能です。

    出来る限り最短で売却代金を手にしたいのであれば、中古車買取業者に査定に来てもらう以前に必要書類を集めておくと良いでしょう。

    必要な書類は軽自動車と普通乗用車の場合とで異なりますから、注意してください。

    また、住所や姓などの個人情報が変わっている人も別途書類が必要になります。

    自動車に掛かる税金の話をすると、毎年の4月1日に車を所有している人に対して1年分の請求があるのです。

    そうは言っても、車を売ろうとする場合には、支払った税金の残り月数分の金額が査定に上乗せされますから、損したと思うようなことはないのです。

    ただ、自動車重量税については同様ではなく、廃車にするケースを除いては手元に残りの月数分が還付されるような制度はないのです。

    しかし、還付される決まりはなくても、支払い月数分の残りを見積額にプラスしてくれるときもあります。

    査定スタッフと交渉するとお得に売却できる可能性がアップします。

    自動車を実際に売るときには複数の書類の提出が求められます。

    しかしながら、自動車関連の書類をなくさずにひとところにまとめていて、尚且つ苗字や住所などの変更がないのであれば、印鑑証明書だけ新しく取得すればOKです。

    また、印鑑証明書は車を売却する際だけではなくて自動車を買うときにも提出が求められますから、2枚同時に取ってくると手間が省けて賢いですね。

    因みに印鑑証明書の有効期限は発行してから3ヶ月間です。

    車を売却すると決めたのならば直ぐに印鑑証明書を取得しておくと、後々手続きが順調に運ぶことになります。

    一般的に自動車業界が考慮する走行距離のスタンダードは年間で1万キロメートルとなっています。

    ただ、1万キロというのは目安としかならず、年式が旧型ならば通常は年鑑の走行距離数がいくらか短くなると考えられます。

    愛車を売ろうという場合にはあまり走っていない車の方がプラスの査定結果が出ます。

    でも、機械というものは定期的に動かしていないとかえって何かしら不具合が生じやすいものなのです。

    車の年式に対して極端に走行距離が少なすぎる場合には、査定時にアップされる金額は少なくなってくるのです。