トップページ

    このサイトではディーラー下取りか買取で迷っているあなたにおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「車を高く売るならディーラーの下取りか買取業者での買取かどっちがいいの?」と感じている場合はこのサイトで紹介しているおすすめの車買取店を利用してみてください。

    今あなたが乗っているを高く売るために大事なことは「複数の車買取会社で査定をしてもらう」ということ。1社の車買取店だけとか近くのディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら確実に損をするので考え直してください。

    車の下取りというのはディーラーのメインの仕事ではありません。あくまで新車を買ってもらうためのサブの仕事です。
    ですので、車を高く売りたいのであれば損をしないためにもディーラー下取りではなく、車買取店に査定を依頼しましょう。

    中古車一括査定サイトなら2分位で入力できるのでカンタンです。複数の車買取店からの査定額を比べることができるので、中古車の買取額の相場を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、知名度抜群のリクルートが運営する中古車高額買取のための無料の一括査定サービス。車を高く売るならカーセンサーと言うくらい有名なので安心感が違います。
    買取業者の数も1000社超なので圧倒的な数!最大50社へ中古車の買取査定依頼ができます。

    中古車の一括査定サイトは使うと多くの買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話がないのでおすすめです。
    しかも、全国対応で利用は無料。

    「少しでも高く売りたいならディーラー下取りじゃなくて、中古車買取店に売却した方がいいのは分かったけど、電話はちょっとなあ…」と感じているならメール連絡で概算価格を伝えてくれるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが今乗っている愛車の買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が送信されないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという安心して使える一括サービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札金額を提示するので、数年落ちの中古車でも高額買取してくれる買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話連絡は1社だけなので、電話対応に追われることもありませんし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。
    車の実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    電話も査定も1回きりで最大2000社の買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までにない画期的なサービスなので、ディーラーへの下取りを考えていたならチェックしてみてください。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車査定一括サービスです。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力完了後すぐに中古車の概算相場が分かるので、「数年落ちの中古車の買取相場ってネットで分かるの?」と思っているならおすすめします。

    申し込み後は複数の会社から電話がかかってきますが、日本自動車流通研究所の審査を通った厳選された業者だけが登録しているので、しつこい営業を受けることはありません。
    買取業者から電話連絡があった際は1社で決めてしまうことはせずに、いくつかの買取業者に査定の依頼をすることで数年落ちの中古車でも高価買取の可能性が高くなります。(1社のみだとディーラー下取りと同じで価格競争が起こりません。)

    最大10業者が中古車の見積もり査定をしてくれるため、一番高い金額を提示してくれた業者にあなたが大事に乗ってきた愛車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の買取相場がわかる数少ない車一括査定サービス。
    提携企業は約200社以上、その中から最大で10社があなたの愛車を査定してくれます。

    1社でも多くの業者に査定の見積もりを依頼することで買取業者ごとの査定額を比べることができるので、ディーラーで下取りをお願いするのではなく、複数業者に査定のお願いをして数年間愛用してきた中古車をちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計の利用者数が100万人以上!と実績も十分ですし、サポート体制も充実していますので安心して査定依頼をすることができます。






    外車王

     外車王は、その名前を見ればわかる通り外車に特化した中古車の買取業者。
    外車や輸入車に特化して15年以上の実績があり、年間の取扱台数は輸入車・外車のみで約1500台。もちろん、地方対応で出張査定費用も無料なので、ディーラー下取りよりも手間がかかりません。

    外車王は外車を専門とした中古車買取の専門店なので、外車の中古車であれば大手買取店より高額買取が実現することがあります。
    そういったこともあるので、外車の中古車であればまずはランキング上位の中古車一括査定サービスを使って概算査定額をリサーチしてみてください。

    いろいろな買取業者に査定依頼をした後で、最終的に外車王に査定してもらうのがおすすめです。相場よりも高額な金額を出してくれた時にはあなたが大切に乗ってきた車を売りましょう。







    中古車買取業者と自分との間に起きる可能性のあるとトラブルは何個かあるでしょうが、その中にはとても悪質なものも存在します。

    一例を挙げると、業者が見積もりを出して車を引き取った後から、もう一度確認したら不備があったなどとかなり売却額を引き下げられることもあるのです。

    売却金額を下げられるより酷いケースでは、自分の車だけ取られてお金が入ってこないケースも実際にあるのです。

    これらのような質の悪いケースに巻き込まれたら、泣き寝入りせずに直ちに消費者生活センターなどに行ってください。

    売ろうと考えている車の査定相場が幾らくらいかをチェックしたくなったら、ネットを介して車の一括査定サイトにて知る方法もあるのですが、売りたい自動車のメーカーのウェブサイト上で査定金額の参考値を調べることができます。

    メーカーサイト上で参考値を知るだけならば個人情報は必要なく車種および年式のみで査定金額を知ることが可能なところもあるようですので、車の一括査定サイトを利用したときのように一気に複数の業者から営業電話がしつこく掛かってくるリスクは回避できます。

    ちょっとでも高値で中古車を売却するコツは、売却は即決しても構わないという思いを強くアピールすることです。

    ちょっと気になるから査定だけしてもらうけど売るのはもっと先になるだろうという人よりも、提示した金額に納得すれば今日明日中に売却予定ですという人の方が中古車買取業者にとってありがたいでしょう。

    直ぐに売る意志がある人だと分かったならば、ほかの店舗に逃げられないように査定金額を引き上げてくれるかもしれないのです。

    買い替えや処分などで車を手放す際に考えられる選択肢は、ディーラーによる下取りか、中古車買取業者への売却です。

    手間はかかるものの売却ではたくさんの買取業者から査定してもらい業者間の競争心を煽り、下取りに比べ利益を得やすいというメリットがあります。

    その対極にあるのがディーラーによる下取りですが、この場合は価格競争の必要がないのでもしかすると安く買い叩かれてしまうかもしれません。

    けれども一箇所ですべての手続きが終わるという利点もあります。

    一概にどちらが良いかは言えません。

    業務用の車でない限り、一定以上の距離を走った自家用車は、業者の査定ではマイナスとなります。

    減点の目安としては、多走行車と言われ始めるのが5万キロ以上で、過走行車と呼ばれる走行距離10万キロ以上の車だと、一般の業者は敬遠するためタダ同然の査定額になってしまいます。

    とは言うものの全くの無価値だとか売れないといったことではないので安心してください。

    そういった車を専門に扱う業者であれば、使用可能な部位ごとに価格を算出していき、買い取ってくれます。

    業者が提示した買取額で了解し、車を売却しようという段階になったら複数の書類が必要になりますから、あらかじめ整理しておくと良いでしょう。

    普通乗用車と軽の場合は違いもありますから不明点があったら営業担当者に確認してください。

    必要書類は車検の際にも必要なので一緒に保管している人も多いでしょうが、車検証、車の自賠責保険証、リサイクル預託証明書(もしくは自動車リサイクル料金の預託状況でも代用可)、(軽)自動車税の納税証明書が必須です。

    印鑑については実印と印鑑証明が必要ですが、軽の場合は認め印で済むので印鑑証明書も要りません。

    全部というわけではありませんが、課税対象に車の売却金が含まれるケースがあるのです。

    一個人が持っている車であり、通勤専用車であれば所得税はかかりません。

    レジャーなどに行くときにも利用していた車であれば、所得税を支払う可能性もあります。

    その詳細は、売却金額が購入金額よりも50万円以上高くなったときに所得税を支払わなければいけません。

    個人事業主として業務で使っている車は売却時のルールが別にありますから、良く分からないところがあったら確定申告をする際に申告書を提出する前に税務署のスタッフなどに相談してみましょう。

    車売却の方法には、先ずは街中で良く見かける買取専門店に出すこと、ディーラーに引き取ってもらうこと、ちょっと珍しいケースでは個人でオークションに出品して車を売却する方法が存在します。

    オークションをするときには、これから売却する自動車の写真や内容の説明を他の人が読んだときになるべく理解しやすく記載することが後々トラブルが起こらないようにするためには重要なことです。

    さらに言えば、売却が成立してしまう前にその自動車の現物を観察してもらうことは重要です。

    その他の大切だと思ったことは念書形式できちんと紙にしたため、署名捺印をして双方で保管するようにすれば後々トラブルになる心配はなくなりますね。

    自分が乗っていた車を買い取りに出す場合に、査定項目の中にタイヤの溝の磨り減り具合も入っているため、残りが少なくなっていたら査定金額からマイナスされます。

    でも、売りに出す寸前にタイヤを新しく購入してもタイヤ購入のお金以上に加算されないので、新品のタイヤに履き替えるのは無意味と言って良いでしょう。

    しかしながら、履いているのがスタッドレスタイヤの場合には、実際の見積もりに出す前に通常のノーマルタイヤに戻してください。

    需要のある時期と季節が限られているスタッドレスタイヤは、査定額が下がってしまう原因になるのです。